06-6958-5575

WEB診療予約

生活習慣病

生活習慣病とは

喫煙や飲酒、食べ過ぎ、脂肪分や塩分の多い食事、運動不足など、日常的に不健康な生活習慣を長年にわたって続けることによって起こる疾患の総称です。
生活習慣病の多くは、病状がかなり進行するまで自覚症状がありません。
そのため、徐々に動脈硬化などが進行し、ご本人が気づいた時には狭心症や心筋梗塞など重症疾患を引き起こしていたということも少なくありません。

代表的な疾患としては、糖尿病、高血圧、脂質異常症があります。

脂質異常症(高脂血症)

どんな病気?

脂質異常症(高脂血症)は、血清脂質の検査が異常値を示す病気です。
血清脂質値とは、血液の中の脂肪分の濃度(濃さ)のこと。血液の中の脂肪分はいくつかのタイプに分けられ、血管疾患に異常をきたしにくくする値は、LDL-コレステロールが140mg/dL未満、HDL-コレステロールが40mg/dL以上、トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL未満です。
この三つの値のいずれかがその範囲を超えた状態が、脂質異常症です。ただし、LDL-コレステロールが140mg/dL未満であっても120~139mg/dLの間は「境界域」に該当し、動脈硬化を引き起こす脂質異常症以外の病気(高血圧や糖尿病など)がある場合などは治療の必要性が高くなります。
また、中性脂肪の高い場合にはLDLコレステロールが正確に測定できないことから、その代用として、(総コレステロール-HDLコレステロール)の式から算出されるnon-HDLコレステロールの検査をすることがあります。
150~169mg/dLの場合は境界域高non-HDLコレステロール血症、170mg/dL以上の場合は高non-HDLコレステロール血症と診断されます。
なお、脂質異常症という病名についてですが、これは以前、高脂血症と呼ばれていた状態とほぼ同じです。
しかし、善玉のHDL-コレステロールは少ないほうが不良なので、以前の「高脂血症」という病名ではそぐわない点があることなどのためにため、最近は脂質異常症と呼ばれています。
血清脂質値が異常でも、通常、自分で感じる症状は現れません。症状が現れないのにもかかわらず、知らず知らずのうちに、全身の血管が傷めつけられます。その影響は主に、動脈硬化となって現れます。
動脈硬化が進むと、心臓や脳などの血液の流れが悪くなります。そして、あるとき突然、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの発作が起き、QOL(生活の質)が低下したり、ときには命も左右されかねません。
脂質異常症と指摘されたら、心臓や脳の発作を起こさないため、血清脂質値(とくに悪玉のLDL-コレステロール)に、いつも気をつけておく必要があります。

発見・診断の検査

検査項目 解説
スクリーニング 血液検査 中性脂肪、コレステロールの測定を行います。
詳しい検査 超音波検査、軟X線検査など 脂質が血管にどの程度蓄積しているかを超音波検査で、また家族性高脂血症などではアキレス腱の肥厚を調べます。

脂質異常症の予防と治療

個人差はありますが、とくに卵類(鶏卵や魚卵)、内臓類(レバーやモツ),肉類の脂身や鶏肉の皮、ラード、バター、乳脂肪、ココナッツミルクなど,コレステロールや飽和脂肪酸の摂取量が多いとコレステロール値が高くなり、動脈硬化の進行を早めます。具体的には、動物性脂肪である肉や卵などのとり過ぎに注意が必要です。但し、最近の研究では食べ物の影響は3割くらいしかないとも考えられています。また中性脂肪値は、食事の量自体が多すぎたり、清涼飲料水またはアルコールを飲み過ぎたり、甘いお菓子を食べ過ぎると高くなります。
反対に、野菜などに豊富に含まれている食物繊維や魚油(とくにイワシなどの青魚含まれるDHA〔ドコサヘキサエン酸〕やEPA〔エイコサペンタエン酸〕などの不飽和脂肪酸)、それに豆腐・納豆などの大豆製品は、血清脂質値を下げたり、動脈硬化を抑制するように働きます。早い話が、脂質異常症の予防や治療には、洋食よりも日本食のほうが適しているといえます。
しかしながら、痩せて筋肉量が少なくなっている高齢者の方は、運動不足になりフレイルという末期の状態になりやすいのも最近わかってきました。このような方に、極度な食事制限はよくありません。
肥満の場合は減量が大切です。体重が適正になると、脂質異常症だけでなく、高血圧や糖尿病などの改善効果も得られます。これらの病気はすべて動脈硬化の進行を早くする要因です。減量の効果は血清脂質値の改善だけにとどまらず、全身的に好影響をもたらすところから、とても効率の良い治療法だといえます。
食習慣の面を改善するのと同時に、からだを動かす習慣を身に付けること、禁煙をお勧めします。からだを動かすことは、体重管理のうえでも必要ですが、それとともに善玉のHDL-コレステロールを増やす効果もあります。喫煙はLDL-コレステロールを増加させ、HDL-コレステロールを低下させることが認められています。HDL-コレステロールは、血管の内壁に沈着したコレステロールを抜き取り、動脈硬化の進行を抑えるように働いてくれます。
脂質異常症の治療目標は、LDL-コレステロールは160~100mg/dL(動脈硬化の危険性が高いほど、より低く抑える)、HDL-コレステロールは40mg/dL以上、中性脂肪は150mg/dL未満です。

関連する生活習慣病

★の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
動脈硬化、心筋梗塞、狭心症
これらの病気の最大の危険因子が脂質異常症です。

★★☆
脳梗塞
脳梗塞の重要な危険因子の一つとして脂質異常症が該当します。

★☆☆
糖尿病CKD(慢性腎臓病)肥満症/メタボリックシンドローム脂肪肝/NAFLD/NASH
これらの病気は脂質異常症の患者さんが併発しやすく、また併発した場合は合併症が起こりやすくなります。

高血圧とは

生活習慣病画像

血圧とは、血液が流れる際に血管の壁にかかる圧力のことです。
高血圧は、その圧力が強い為、血管にかかる負担も高くなります。
しかも、高血圧になると血液の壁に通常ではかかることのない負担がかかり、血管の壁がもろくなってしまいます。
それによって、動脈硬化や血管が細くなるなど、血管内に悪い影響がもたらされます。
高血圧は自覚症状がほとんどないので、定期的に血圧を測ったり、健康診断を受けないと発見することは困難です。
放置すると、脳出血、脳梗塞、心不全、心筋梗塞などの重大な病気に発展することがあります。お早めに当クリニックまでご相談下さい。

高血圧の種類

高血圧は2種類に分けることができます。およそ9割は原因となる病気が特定できない「本態性高血圧」です。
残りの1割は原因が明らかで、何らかの病気によって起こる「二次性高血圧」です。
「二次性高血圧」は手術などによって治る可能性がある高血圧ですので、原因となる病気を検査した上で、適切な治療を行っていきます。一般的な高血圧である「本態性高血圧」の場合は生活習慣を改善し、薬物療法などで血圧をコントロールし、合併症の発症を防ぐようにします。

血圧のレベル

血圧にはレベルがあります。自分のレベルを知っておきましょう。
正常域だと安心しがちですが、それでも心筋梗塞や脳卒中を起こした例もあり、注意が必要です。
※2019年版「高血圧治療ガイドライン」(日本高血圧学会)より抜粋

生活習慣病画像

Q. 血圧が高いとどうなる?

血圧が高い状態が長期的に続くと、心臓や血管への負担が加わることで心筋梗塞や心不全といった心臓疾患や、動脈硬化から脳出血、脳梗塞といった脳疾患になってしまいます。身体麻痺や視力低下を引き起こしたり、食事制限や人工透析が必要になるなど、日常生活の質が大きく変わってしまいます。

Q. 高血圧を引き起こす要因とは?

遺伝

高血圧の方が血縁者にいる場合、高血圧になる可能性は高まります。遺伝的な背景にストレス、食事などの環境的な要因が加わった結果と考えられます。

塩分の摂りすぎ

塩分は体の形成に必要な成分ですが、摂りすぎは良くありません。過剰な塩分により血液量が多くなるので、必要以上の圧力がかかり、血圧が高くなってしまうのです。

運動不足

運動不足により血液の循環が悪くなると、塩分が腎臓から体外へ排出されにくくなり血圧は上昇します。また、運動不足は「肥満」の原因にもなります。「肥満」は高血圧の原因となります。

喫煙、アルコール

たばこの一酸化炭素、ニコチンは動脈硬化を進行させ、血圧を上げてしまいます。過度のアルコールも避けましょう。

睡眠不足、過労などのストレス

睡眠不足などから交感神経が活発になることで、血管が収縮し、高血圧を引き起こす可能性があります。

Q. 高血圧の治療法とは?

食事療法

生活習慣病画像

塩分を控えるようにして下さい。塩分(ナトリウム)を排出するカリウムを含む野菜やフルーツを摂取するといいでしょう。また、肥満にならないよう、摂取カロリーにも注意することが大切です。

運動療法

生活習慣病画像

運動をすると、体を動かすことにより運動中は血圧が上がります。しかし、適度な有酸素運動を続けると、体は筋肉にたくさんの酸素や栄養を運ぶために、血管を拡張させたり、交感神経の緊張をやわらげたりすることで血圧は下がってきます。有酸素運動の中でも、歩行、水泳、ジョギング、自転車などの全身運動が特に効果的です。
「これらの有酸素運動を1週間にほぼ毎日、30分以上行う」ことが勧められています。10分以上の運動であれば数回に分け、1日合計30分以上とすることも可能です。
運動強度は、「ややきつい」と感じる程度がちょうど良いとされていますが、無理をせずに自分に合った運動を行いましょう。

薬物療法

生活習慣で改善できない場合、血圧を下げる降圧剤を内服します。カルシウム拮抗剤や利尿剤など、症状によって幅広くあります。薬物療法はずっと続けなければいけないということではなく、血圧が改善すれば将来的にやめることもできます。また、軽症であれば、すぐに治療を始めることで、食生活の改善のみで済む場合もあります。
詳しくは当院にご相談下さい。

睡眠時無呼吸症候群 (SAS: Sleep Apnea Syndrome)

どんな病気?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、その名の通り眠っている間に呼吸が止まってしまう状態(無呼吸)が繰り返される病気です。いびきもSASの前兆ともいえる症状です。高血圧とSASを合併すると、脳卒中などの脳血管疾患や心筋梗塞などの心血管疾患の発症リスクが高まる恐れがあります。出来るだけ無呼吸をなくす必要があります。
当院では簡単に自宅で診断できる方法で検査いたします。
その結果、無呼吸がひどいと判明した場合、例えば、SASの治療の1つであるCPAP(シーパップ:経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行うことで、お薬が効きにくい高血圧が改善するという報告や、循環器疾患の発症や死亡リスクが低下したとの報告があるのです。
お気軽にご相談ください。

クリニック概要

クリニック名
しまだ循環器・糖尿病内科クリニック
院長
島田 健永
診療科目
内科・循環器内科・糖尿病内科
住所
〒535-0002 
大阪府大阪市旭区大宮2丁目17-14
TEL
06-6958-5575
最寄駅
大阪メトロ 谷町線 千林大宮駅より徒歩3分
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

WEB診療予約