06-6958-5575

WEB診療予約

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)画像

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は睡眠中に何度も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。
具体的には、気道(のどの空気の通り道)の空気の流れが10秒以上止まった状態を無呼吸とし、無呼吸が一晩に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群とされます。
この疾患が深刻な理由は、寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないこと、そのため気づかないうちに様々な生活習慣病を合併してしまい心疾患や脳卒中など重篤な疾患になるリスクが高まっていることにあります。重症心不全の原因が、検査をしたところ睡眠時無呼吸症候群と判明したケースもあります。

睡眠時無呼吸症候群に気づくきっかけ

前項では「寝ている間の無呼吸になかなか気づくことができない」といいましたが、私ども医療機関へは以下のような理由で受診される方が多くいます。

  • ご家族などからの指摘(いびきが大きい、呼吸が止まっているなど)
  • 下記の自覚症状を感じて
    ・日中いつも眠い
    ・居眠り運転しそうになる
    ・夜中に何度も目が覚める
    ・起床時の頭痛やからだのだるさ

上記の指摘や自覚症状がある方は、お気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の検査は大きく分けて「簡易検査」と「精密検査」があります。通常、いきなり「精密検査」を行うことはなく、まず「簡易検査」で無呼吸の程度の評価を行い、その結果により無呼吸の程度が中等度以上であった場合に1泊入院の「精密検査」を行い、「睡眠の質」を評価します。
当院の睡眠時無呼吸の検査は入院せずに行う「簡易検査」です。外来での診察後にスタッフによる検査装置の取り付け説明を受けていただき、装置を持ち帰って寝る前にご自身で装着していただきます。装着はお一人でも可能であり、3~5分程度で装着できる簡単な装置を採用しております。朝、起きたら外していただき、そのまま当院にご持参して返却すれば完了となります。解析は数日で仕上がりますので、ご予約された次回診察日に結果をお伝えいたします。

クリニック概要

クリニック名
しまだ循環器・糖尿病内科クリニック
院長
島田 健永
診療科目
内科・循環器内科・糖尿病内科
住所
〒535-0002 
大阪府大阪市旭区大宮2丁目17-14
TEL
06-6958-5575
最寄駅
大阪メトロ 谷町線 千林大宮駅より徒歩3分
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

WEB診療予約