06-6958-5575

WEB診療予約

循環器疾患

循環器疾患とは

循環器疾患とは?

当院では循環器疾患を専門的に取り扱っていますが、「循環器疾患ってどんな病気か判らない」という方もおられると思います。
ここでは循環器疾患について説明していきます。

全身の至るところに血液が循環しています。血液は全身に酸素や栄養分を運ぶ重要な役割を担っていますが、心臓から血液が送り出されて体じゅうを巡る、心臓・血管系のシステムを循環器と言います。
これらの心臓・血管の病気をまとめて循環器疾患といいます。
血圧が高くなる高血圧症もまた循環器疾患に含まれます。

循環器内科で扱う主な疾患

循環器疾患は大きく心疾患、血管疾患、高血圧の3つに分類されます。
代表的な心疾患、血管疾患を下記のようなものがあります。

主な対象疾患、症状

  • 狭心症、心筋梗塞:胸が痛い、胸が苦しい、しめつけられる
  • 弁膜症:健康診断での心雑音や異常心音、歩行時の息切れ、動悸
  • 心筋症、心不全:歩行時の息切れ、動悸
  • 不整脈:動悸、脈が遅い、脈が飛ぶ、失神、心電図異常、ペースメーカーチェック
  • 大動脈瘤:無症状のことが多い、背部痛や腰痛が破裂の兆候のこともあり
  • 大動脈解離:急激な胸の痛みや背中の痛み
  • 末梢動脈疾患:歩くとふくらはぎが痛む、足の血行が悪い、足の傷が治らない
  • 難治性高血圧:降圧薬を内服しても血圧が高い
  • 糖尿病に伴う心臓病や血管病
  • 静脈瘤、静脈血栓症:下肢のだるさ、むくみ、色調変性、足の傷が治らない

代表的な疾患

虚血性心疾患

循環器疾患画像1

心臓を栄養している冠動脈という血管が狭窄もしくは閉塞して起こります。狭窄している状態を狭心症、閉塞してしまった状態を心筋梗塞と呼びます。典型的な症状は胸痛です。狭心症の場合は労作時の胸痛、心筋梗塞の場合は安静労作関係なく持続した胸痛が起こります。程度によっては心臓カテーテルによる検査・治療や心臓バイパス手術が必要となります。当クリニックでは、運動負荷心電図、ドブタミン負荷心エコー図といった検査方法を用いて的確に狭心症を診断します。さらに疑わしい場合、心臓CT検査を施行するために病院を紹介いたします。

運動負荷心臓超音波検査・運動負荷試験とは何ですか?

循環器疾患画像10

運動負荷心電図検査とはエルゴメータとよばれる固定された自転車を漕ぐ運動をしていただき運動中の心電図の変化を調べる検査です。安静時ではわからない心臓の状態の変化を調べます。また運動直後に心臓超音波検査を行うことにより負荷心筋シンチなどの高額な検査に匹敵する精度で心臓の血液供給の状態を調べることが可能です。
運動ができない高齢者や膝が悪い方には、ドブタミンという薬剤を点滴しながら心エコーを観察します。運動と同じような状態にしながら的確に心臓の動きを観察します。

どのような方が検査の対象になりますが

→次のような方に対して検査を行います。

  • 胸の痛み・息切れなどの狭心症や心不全を疑う症状のある方。
  • 以前に狭心症・心筋梗塞、虚血性心疾患などでバイパス治療・カテーテル治療や薬物治療を受けられている方。
  • 心不全や不整脈の治療を受けられている方。
  • 糖尿病・高血圧・高コレステロール血症があり虚血性心疾患のリスクの高い方。
  • 心電図検査で何らかの異常を指摘された方。

などが対象となります。心機能のかなり低下した方や症状が強い方など運動負荷試験の危険性のある方は他の検査を優先して行います。

■検査の時間はどのくらいかかりますか?
→全体の検査時間は30分から1時間程度です。

■検査を受けるメリットは何ですか?
→どちらの検査も放射線被曝や造影剤などの薬剤の副作用などによる危険性のない非常に安全な検査です。短時間で施行でき心臓CTや心筋シンチと比較し費用もかからない検査です。

心臓弁膜症

循環器疾患画像2

心臓は、効率よく血液に酸素を取り込んで全身に血液を送るために、4つの部屋(左房・左室・右房・右室)に分かれています。それぞれの部屋で血液の逆流を防ぐために、心臓には4つの弁(僧帽弁・大動脈弁・三尖弁・肺動脈弁)があります。心臓弁膜症とは、さまざまな原因でこれらの弁が変性し、血液の流れに異常をきたすことにより心臓の負担を増やすものです。

1. 心臓弁膜症とは

循環器疾患画像3

心臓弁膜症には、弁が開きづらくなる“狭窄症”と弁が閉まりづらくなる“閉鎖不全症”の2種類があります。
僧帽弁逆流(僧帽弁閉鎖不全症)
僧帽弁やそれを形成する構造物に異常をきたすことにより、僧帽弁が閉まりづらくなり左房への血液の逆流をきたす疾患です。一部血液が左房と左室を行き来することで左室に容量負荷がかかるため、左房や左室は拡大します。進行すると心不全を発症します(写真参照)。

僧帽弁狭窄症

循環器疾患画像4

僧帽弁が炎症や石灰化によって開きづらくなり、左房から左室への血流が妨げられる疾患です。左房の血流が鬱滞することにより、不整脈をきたしたり、血栓を生じさせたりしやすくなります。また、心不全も生じます。その他、三尖弁や肺動脈弁で同様の狭窄症や閉鎖不全症をきたすことがあります(写真参照)。

2. 心臓弁膜症の症状

心臓弁膜症の症状として、以下のものがあげられます。

a. 心不全

心臓のポンプの働きが弱くなり、全身へ血液を十分に送れない状態のことをさします。このポンプ失調により、肺や足など全身に水がたまります。これにより労作時の呼吸苦や下肢のむくみなどの種々の症状がでてきます。

b. 不整脈

期外収縮や、心房細動、心房粗動などの不整脈を合併することがあります。

c. 血栓塞栓症

心臓の中に血栓が生じ、血栓が血流にのって各種臓器の血管を閉塞することで症状が生じます。なかでも脳梗塞は、麻痺症状や言語障害など重い後遺症を患う可能性があるので、大変注意が必要です。

d. 胸痛発作

大動脈弁狭窄症に生じることがある症状です。時に労作時に狭心症のような胸痛症状が出現します。

e. 失神

大動脈弁狭窄症に生じることがある症状です。労作時に意識を消失する発作が生じます。

3. 心臓弁膜症の診断

心臓弁膜症の存在を知るための第一歩は、患者さまへの入念な聴診やその他の身体診察です。身体診察により心臓弁膜症が疑われたら、心エコー図検査は低侵襲で確実に心臓弁膜症の存在診断や重症度評価出来ます。ある程度以上の心臓弁膜症が認められて、さらに詳細な形態評価をしたい場合には、経食道心エコー図検査を病院に依頼します。また当クリニックでは、症状や重症度の判断に困る患者さまにさらに運動負荷心エコー図検査を施行することで、より客観的で科学的な診断を可能にしています。

4. 心臓弁膜症の治療

心臓弁膜症は心臓に構造的な異常を生じているため、薬物治療によって根本的な改善を期待することはできません。治療の必要性があると判断された場合は、手術治療(僧帽弁手術、大動脈弁手術)が必要となります。
当クリニックには循環器専門医と心臓超音波専門検査技師がいますので、いつでも的確に弁膜症の程度を診断できます。

心不全

高齢者の20%は罹患していると言われています。何らかの原因で心臓のポンプ機能が低下し、循環不全を起こしている状態です。手足やまぶたのむくみが出てきたり、肺に水が溜まって(写真参照)息切れがしやすくなってきます。もちろん心臓は拡大します(写真参照)。利尿剤や強心剤による治療と、心不全の原因を突き止め、それに対する治療が必要です。定期的に心臓超音波検査(心エコー)を行い、薬を調節します。糖尿病を合併している高齢者に心不全は多く発症します。高齢者の心不全は再発しやすく、専門外来でフォローする必要があります。

循環器疾患画像5

心筋炎・心筋症

心筋炎はウィルスなどの感染により心臓に炎症が起こり、心機能が低下したり危険な不整脈が出る病気です。心筋症は原因不明ですが、心臓の筋肉が変性を起こし心機能が低下します。心筋症は指定難病ですし、心筋炎は時に非常に重篤になるケースもあり、適切な治療が必要です。速やかに病院を紹介します。

不整脈

循環器疾患画像6

正常な心臓は安静時に毎分50~90回ほど規則正しく拍動します。これが極端に遅い・速い脈拍になったり、リズムが不規則になるものを不整脈といいます。不整脈にも色々な種類がありますが、命にかかわる危険なものや、すぐに危険はないものの治療を必要とするものもあります。典型的な症状は動悸やふらつき、意識消失などです。治療法には抗不整脈薬内服のほか、カテーテルによる治療、場合によってはペースメーカーや植え込み型除細動器が必要になるケースがあります。当クリニックではいつでも24時間心電図を記録できるホルター心電計を複数個常備しています。代表的な不整脈は以下の通りです(図参照)。不整脈の種類を診断し、適切な治療方法を提案します。

代表的な血管疾患

閉塞性動脈硬化症

加齢や生活習慣病(特に糖尿病)などにより人間の血管は徐々に固く、そして狭くなっていきます。これを動脈硬化といいますが、なかでも血流が阻害されるほと狭くなってきたものを閉塞性動脈硬化症といいます。頚部の血管や下肢、鎖骨下の動脈など起こる場所は様々です。心臓の冠動脈に起こるものを特に狭心症と呼びますが、本質的には同じものです。頚部の血管に起こればふらつき、下肢だと歩行時の足の痛みやむくみ、潰瘍といった症状が出ます。
歩行を続けると、下肢の痛みと疲労感が強くなり足を引きずるようになるが、数分間休むと再び歩くことができるようになる状態を間欠性跛行(図参照)と言います。動脈がかなり細くなっている証拠です。当クリニックでは四肢の血圧を同時に測定することにより(図参照)、またエコーにより的確に診断いたします(図参照)。このような方は、ぜひ一度当クリニックにお越しください。

循環器疾患画像7
循環器疾患画像8
循環器疾患画像9

大動脈瘤

身体の中心部を通る大動脈が動脈硬化により瘤(こぶ)状に変化する状態です。膨らんだ風船のような状態なので、血管壁が破れやすくなります。破れてしまうと致死的になるケースも多く、一定の大きさを超えると手術が必要です。

大動脈解離

大動脈の血管壁に裂けめが出来てしまう病気です。裂ける場所によっては非常に危険で、緊急手術が必要になったり、命にかかわる場合もあります。血圧が高いとないりやすいため、血圧の管理が必要です。

下肢静脈瘤・むくみ

下肢静脈瘤・むくみ外来のページへ

このような症状の方はご相談ください!

「胸が苦しくなる」「動悸がする」「脈が乱れる」などの症状がある場合。または明らかな心臓の症状ではないものの、「血圧が高めだ」「手足や顔面、首などがむくんでいる」「息切れがする」「長時間歩くと足が痛む」「横になったときなどに息苦しくなる」「脈が乱れたり、飛んだりする」「足の色が悪い」「健康診断などで心臓の異常を指摘された」場合など当クリニックまでお気軽にご相談ください。
「気を失ったことがある」「ふらつきがある」場合も循環器疾患の可能性があります。
循環器疾患は高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満といった生活習慣病と密接な関連があるため、これらの病気をお持ちの方は特に要注意です。
また心疾患や生活習慣病は遺伝要素がありますので、ご家族にこれらの病気がある方もいちど検査を受けられることをお勧めします。

当院では胸部レントゲン・心電図・24時間ホルター心電図・超音波診断装置・ABI/PWV測定装置といった循環器疾患のための各種検査機器を導入し、迅速な診断が可能です。
また入院が必要と診断された場合や、心臓カテーテルやペースメーカー植え込み、心臓手術などの高度な治療が必要と診断された場合は、最適な施設へご紹介いたします。
当院は大阪市立総合医療センター、関西医科大学病院、済生会野江病院、大阪掖済会病院、北野病院などと密接な医療連携を行っておりますし、もちろんその他の施設へも紹介可能です。

日本人の死因の上位を占めている心疾患や脳血管障害などは、高血圧などの生活習慣病と大きく関わっていることがわかっています。「症状が軽いのに、こんなことで病院へ行ってもいいのだろうか?」そういう心配は無用です。
検査をしてみて何もなければむしろ良かったと考えましょう。少しでも不安があればお気軽にご相談ください!

クリニック概要

クリニック名
しまだ循環器・糖尿病内科クリニック
院長
島田 健永
診療科目
内科・循環器内科・糖尿病内科
住所
〒535-0002 
大阪府大阪市旭区大宮2丁目17-14
TEL
06-6958-5575
最寄駅
大阪メトロ 谷町線 千林大宮駅より徒歩3分
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

WEB診療予約